教育機関における弊社著作物のご利用について

平素よりインターメディカの制作物にご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、多くの看護系大学・短期大学及び看護師等養成学校様におかれましては、遠隔授業ならびにICT教育の実施を検討されているかと存じます。
上記の状況に鑑み、弊社の著作物のご利用に関しまして、2020年度に限り、下記の通り、特例的措置をとらせていただくこととなりました。

 

インターメディカの発行する[採用]書籍のご利用ついて

インターメディカの発行する[採用]書籍(付属動画含む)につきましては、利用範囲無制限で、無許諾・無償で複製し配布していただけます。申告は不要です。

※[採用]とは、副読本・参考書として指定した書籍等を、学生全員が購入し利用していることを指します。

[採用]書籍(付属動画含む)の公衆送信を希望される場合は、下記につきまして、別紙申告書にご記入のうえ、ご送付をお願い申し上げます。

  • 申告施設名
  • 申告者氏名・役職・ご連絡先
  • 利用期間
  • 公衆送信授業に利用したい書籍名、著作物の利用箇所
    (例:〇頁の写真・イラスト、付属Web動画の番号、付属DVDの第〇章 etc)
  • 利用目的

 

[採用]書籍以外の発行物のご利用ついて(パッケージDVD商品含む)

採用書籍以外のインターメディカ発行物(パッケージDVD商品も含む)のご利用につきましては、   2020年度に限り、無償でご利用していただけますが、利用申告が必要となります。
以下につきまして、別紙申告書のご送付をお願い申し上げます。

  • 申告施設名
  • 申告者氏名・役職・ご連絡先
  • 利用期間
  • 公衆送信授業に利用したい書籍名、著作物の利用箇所
    (例:〇頁の写真・イラスト、付属Web動画の番号、付属DVDの第〇章 etc)
  • 利用目的

※ご注意
採用書籍以外の発行物につきましては、大量の頁をコピーして配布・配信したり、動画教材全体を配信するなど、採用したことと同じ結果となるような範囲を利用することは固くお断りいたします。

 

利用条件

  1. 期間 2020年4月1日 ~ 2021年3月31日
  2. 無償利用の対象となる範囲
    • 利用者の範囲:看護職養成教育機関の教員・外部講師、学生
    • 利用の範囲
      1. 貴校の学生を教育するための授業において、著作物を紙媒体へ複製して配布すること
      2. 学内LMS(学習支援システム)に著作物を複製保存し、同時ならびに異時公衆送信すること
      3. テレビ会議ソフトウェアに著作物を複製保存し、Webを介した授業を行うこと
    • 無償利用著作物の範囲:弊社が発行する出版物(書籍、DVD・VHS教材)に収載されている著作物
  3. 利用にあたって特に留意いただきたい事項
    • 利用著作物につきましては、出典(出版物名、著作者名、掲載頁・動画の名称等)を必ず明記願います。
    • 利用条件②に記載の「利用の範囲」を超えた第三者への複製物提供、公衆送信はお断りいたします。教員による授業の範囲外の利用(研究、執筆等)もお断りいたします。
    • 公衆送信に使用した利用著作物の電子配信データ、授業録画データ内の著作物は、利用期間終了後、必ず削除をお願い申し上げます。
      ダウンロード型の公衆送信の場合は、利用期間終了後、利用者にダウンロードデータ削除の指示をお願い申し上げます。
    • 本制度の対象となった著作物の利用は、期間を過ぎますと有償利用の対象となります。

 

申告のご連絡先

以下の申告書(WordもしくはPDF)をダウンロードいただき、必要事項をご入力のうえ、下記アドレスまで、メールに添付してご送付をお願い申し上げます。

申告書 Wordファイル(ZIP圧縮:16KB)
申告書 PDFファイル(191KB)

インターメディカ 著作権担当宛 : info@intermedica.co.jp

上記申告が届き次第、ご利用受け付けのご連絡をさせていただきます。

以上につきましてご理解・ご協力いただけますようお願い申し上げます。
また、当社では今後もWeb動画付書籍を順次刊行予定ですので、今回の事態を機に、遠隔授業でも活用しやすい当社Web動画付書籍につきまして、是非ご採用のご検討をお願い申し上げます。
学生の皆様の実りある学習と、貴校のますますのご発展をお祈りいたしております。

2020年5月
株式会社インターメディカ