商品
B045

みんなで考えよう!ニッポンの医療

市民公開講座ライブレポート
[監修]
大阪大学講師・高階国際クリニック院長 高階 經和
社団法人臨床心臓病学教育研究会編
ISBN: 978-4-89996-100-0
刊行年: 2004年
判型/頁: A5変型/249頁
定価:
1,500円 + 税
商品コード: B045
数量:

CONTENTS

市民公開講座ライブレポート みんなで考えよう! ニッポンの医療
日本の医療の現実とは        大北 昭
市民の立場から見た日本の医療    大谷晃一
医療保険 民営化されたらどうなる? 三谷一裕
看護師の立場から医療現場に期待する 梶田和子
患者中心の開かれた医療を実現しよう 辻本好子
こんなに違う 日米の医学教育      中野次郎
これからどうなる? 日本の医療    木野昌也

なぜ? なに? どうして? 日本の医療Q&A
病院の選び方について
上手なお医者さんのかかり方/よい医者の選び方/ホームドクターを持つには/どの医療機関にかかればよいか/「大学病院の包括化」とは

救急医療体制について
AED(自動体外式除細動器)は一般市民も利用できるか

医療体制全般について
付近に精神科の専門医がいないとき/医療ソーシャルワーカーとは/不要な投薬や手術をしない治療法はあるか/医療現場の現実を知りたい/カウンセリング制度とは/現在の看護体制を教えてほしい/地域の公的病院の役割と財政状況について/訪問看護での医師と看護師の役割は/ジェネリック薬品(後発品)とは/日本の保険薬はどう認知されているか/「医療契約書」は法的に成立するか/医師志望者への経済的援助と卒後臨床研修制度

医療保険制度(医療費・医療経済)について
医療保険制度の今後はどうなる/予防医療には保険がきくか/医療費の算出方法を知りたい
日本の社会保障は北欧なみになるか/病院は「医療の質の向上」へどう対処しているか/診療報酬と医薬分業のメリットとは/医療費のモデルケースを知りたい/もし「混合診療」が解禁されたら/入院先をたらい回しされるとき

患者・医師関係について
インフォームド・コンセント(IC)とは/ICに備えて患者も医学知識を勉強すべきか/IC時に話を聞いてくれない医師/カルテなど医療情報開示について/安楽死・尊厳死の考え方
「名医」の条件とは/手術などのときに「お礼」は必要か/「QOL」について

高齢者医療について
終末期医療とは/慢性疾患でも転院は可能か/介護の勉強をしたい/高齢社会に対する医療の展望は

予防医学(健康増進)について
行政主導の「健康づくり・疾病予防」について/非喫煙者と癌/若い世代の食生活へのアドバイスを知りたい/「健康増進法」へどう取り組むべきか/80歳を超えてさわやかに生きるには

代替医療について
代替医療とは/「プロテインシステムチップ」について知りたい

治療について
高価な新薬を安価な薬剤に切り替えられるか/癌の終末期医療とは/慢性的な「痛み」はどうすればよいか/完全看護の病院でなぜ付き添いが必要か/癌の治療が病院によって異なるのはなぜ/歯垢取りが一日で終わらない/食事指導を受け入れてくれない患者へはどう接する